Furukawa

記事一覧(40)

リストはなぜ女達を失神せたのか

こんにちは、古川伶ピアノスクール古川です(*^^*)今年も花粉が飛び始めましたね。今や日本人の4人に1人はみたいで、花粉症の私は毎日目を潤ませながら過ごしております泣さてさて、今日は最近読んだ本のお話を。「フランツ•リストはなぜ女たちを失神させたのか」という本です。楽器屋さんでふと目に留まり、題名につられて購入!ピアノを弾く方であれば何だかなぁという思いを抱きつつ、華やかな技巧に憧れ、いつかあの曲をレパートリーに✨!という思いを持つ作曲家かと思います。ショパンに次いで人気の作曲家でもありますよね。そんなリスト、当時は今で言うロックスターやハリウッドスターのような存在で、演奏会をすればご婦人を熱狂させ、その神々しさのあまり失神させたという“元祖ピアニスト”であり“時代のスーパースター”。今で言う、テイラースウィフトみたいな感じですね。それでいて、フィギュアの羽生選手のような王者の風格を持ち合わせたイケメン。それは熱狂もいたしかたない。彼が当時では異例だった全曲暗譜での演奏会を成功させた事で、彼以降ピアニストは余儀なく暗譜での演奏会をする事になったのは有名な話。また、ヨーロッパでの演奏会ツアーを成し遂げたのも彼が最初です。偉業を成し遂げる、という点ではやはり羽生君。そんなピアニストリストの生涯を通して、当時の時代背景やショービジネスや音楽界の模様が描かれています。本書の出だしはこんな感じ。↓

一年締めくくり♪

こんにちは、古川です(*^_^*)皆様年末いかがお過ごしでしょうか?あっという間に1月31日、帰省されたり、お家でのんびりされたり、お仕事をされたり、それぞれ過ごされている事と思います。そんな私はお教室の大掃除も済ませ(今年は重曹が大活躍!)、実家でのんびり、恒例の牡蠣フライパーティーをワクワク待ちながら今年最後のブログを書いております^ ^今年は、入れ替わりの方もあれど続けてくださっている方の通うペースも落ち着き、お問い合わせも多数頂き、前年に比べ安定した一年になりました。レッスン内容では、グランドピアノに慣れてきた方も多く、今まで指を動かすだけで精いっぱいだった方が音の響きがを聴きながら綺麗な音を出せるようになったり、基礎を見直すことで今までよりとても楽に弾けるようになったり、今までとは違ったジャンルの曲にチャレンジしたり、昨年に比べて、目に見えて生徒さんの変化が目に見えて現れ、生徒さん自身も実感できた年になったように思います。「やっぱり生のピアノは違いますね。アップライトピアノ、買おうかなぁ。」とおっしゃって下さったかもポツポツいらっしゃり、とても嬉しいです(*^_^*)純粋に自分が好きなものの良さが伝わることに嬉しさを感じます。講師冥利に尽きますね♪12月のサロンコンサートでも良いピアノに触れて頂け楽しんで頂けたかな、と思います。来年も続けて頂いている方には新たな刺激を感じて頂けたり、ピアノって楽しいな~と感じて頂ける様に、私も周りに惑わされず、日々精進していきたいものですね^ ^伴奏面では、人のご縁に恵まれ、有難い事に産休の方のクラスを弾かせて頂き、発表会のために久しぶりのリハーサル伴奏や、師匠や、他の先輩方や先生方にも他の面でも少しずつ勘を取り戻しつつ、新しい発見も出来た年でした(*^_^*)やっぱりバレエは美しいし、ピリッとしているけど暖かいスタジオの空気もほっとします。子供の頃好きだった世界に関われている幸せを忘れず、このまま音楽家としても成長しながらコツコツ頑張っていきたいです。お世話になった音楽家の皆様、ダンサーの方、生徒さん、演奏を聴きに来てくださった方々、本年は大変お世話になりました。皆様、来年もどうぞ宜しくお願い致します♪皆様良いお年をお迎えください。古川伶

私の歴史4~就職編~

 こんにちは、古川です(*^_^*)ちょっとずつ空気が秋の暑さに変わってきましたね。先日、バレエの伴奏でお世話になっている師匠に、「ブログの続き、はよ!楽しみにしてるんだから」と嬉しい言葉を頂きまして、ラスト!私の歴史4です。ちょっと長めです。(歴史といえば、私の大好きなバンド「レキシ」が新曲を出していてびっくり!歴史を元にした大変クオリティの高いパロディ?バンドです。初めての方は第1作目の「縄文から稲作」がオススメです^ ^ 動画はこちらから!→レキシ 縄文から稲作へ)さてさて、無事に大学入学も果たし、先生と友人にも恵まれ毎日が怒涛のように過ぎて行きました。週一の実技レッスン、一般科目、資格科目(私は学芸員資格)、ピアノ実技のある授業(例えば伴奏法やアンサンブル)、専門座学。その中でも伴奏法は思い出深い授業だったなぁ。ドイツ?の劇場でコレペティトゥール(劇場付のピアニストでリハーサルから歌手の指導まで行います。大変名誉な職なのです。)をされていた先生の少人数の授業で、初歩のコンコーネから丁寧に歌の伴奏の基本を学びます。ピアノ科の生徒しかいなく、自分達で歌うしかないので歌が上手くなるという特典付笑先生のピアノも素晴らしく、同じ楽器を弾いているとは思えないほど!少人数なので、早めに終わるとみんなでアイスを食べながらビデオ鑑賞をしながらオペラにツッコミを入れたり、なぜかオペラと関係のないピアニストのCD聴き比べをしたり。(お気に入りのピアニストについてはまた別の回で。)なぜか試験で弾く曲の指導をして頂いたり。笑ウンチクを学んだり。何はともあれ、私が「伴奏」というものに興味を持ったきっかけになった授業でした。そんな中、どの大学でもありますよね。迫りくる重荷。私ののほほんとした大学生活にもとうとうやってきます。就職活動です。。私の周りは、留学や大学院に進学する子、ピアノの先生になるのが夢で音楽教室に就職する子、教員を目指す子、一般企業へ就職する子、様々でした・一応学校でも、就職相談室や進路関連の講座などがありましたが、方向性は自分で決めなければ話は始まりません。「ちゃんと就職した方がいいなぁ。」と漠然と考える日々。うーん、、、。伴奏も好きで伴奏者には興味がありましたが、オペラ、、、うーん。好きなんだけど、うーん。ピアノの先生、うーん。と、また悩みの時期です笑と、それと同時に新たな勉強も始める事に。私が通っていた大学にはバレエ科が併設されており、学校内にいくつもスタジオがあります。いつもそこのスタジオからはピアノの音が聞こえていて気になっていたのですが、ある日そこのスタジオから出てくる伴奏法の授業で一緒だった先輩を発見!(とっても美人で覚えてました!)ピアノ実技のレッスン時に、その事を先生にお話しすると「あ、バレエ伴奏の研究員の子よ!興味があるんだったらバレエ科の仲のいい先生にに話してあげるから見学に行ってみたら?」「えー本当ですか!?(°▽°)」「くれぐれも失礼のないようにね!」と何ともあっさり承諾を頂き笑、バレエ科の授業を見学させて頂くことに!この先生の計らいが、私がバレエの伴奏に足を踏み入れるきっかけでした。久しぶりのバレエのスタジオにワクワクしつつ、ガチガチに緊張しながらスタジオへ。確かバレエの教授法の授業だったと思います。ピアニストの演奏に合わせて、生徒が踊り進んで行く授業。バレエ団や海外では劇場付きのピアニストがいる事は知っていましたが、実際見るのはこれが初めて!スタジオに流れるピアノの音の心地よさとスタジオ独特の緊張感が好きで、毎週毎週、足繁~く通っていました^ ^と、そのうち「弾いてみる??」とバレエの先生とピアニストさんの計らいで、どこか一曲だけ代わりに弾いてみる、など少しずつ実際に伴奏も勉強させて頂く事に。クラスの流れ(バレエのクラスでは一連の流れが大体決まっています。)や、動きに合わせた曲のアレンジ法、カウントの数え方、などなど。本当に基本の基本から教えて頂きました。見ているといとも簡単そうなのです。私が使った曲は、子供が弾く本当に簡単な曲だったのですが、緊張のあまりそれすら弾けず。。。。もはや、ダンサーに申し訳なくて穴があったら入りたい気持ち。「いったいなぜ、ピアニストは即席であんな美しく、しかも踊りに合わせて(曲の尺まで踊りとぴったり)弾けるのだ、、、_φ(・_・」と難しさを痛感!でも、これが出来るピアニストになりたい!あんな風に音楽を操れたらきっと楽しいに違いない!!と頭を抱えながらも、コツコツと勉強させて頂きました。四年時には、他のピアニストさんがご厚意で、弾いているクラスで見学&勉強させて頂く事に。(この方が、今の師匠です。^ ^)大変博識な方で、弾き方以外にもバレエや伴奏のあれこれも教えて頂きました。当時はバレエの伴奏を勉強しにくる学生も私しかいなかったので、可愛がって頂き、卒業までに1クラス弾ききれるようになる様に、と先生の代わりに弾かせて頂きながら勉強、勉強。当時は良く泣きながら帰っていましたが笑 今思うと全く弾けない学生を育てようなんて、なんて寛大なバレエの先生とピアニストさんだったのだろうと感慨深いです。とにかく皆さんに良くして頂きました^ ^と、とうとう本格的に始まる就職活動!私は悩んだ結果、ヤマハの音楽教室の採用試験を受ける事に。あれです、CMで良くみる、「ドレミファソーラファ、ミ、レ、ドー🎵」のヤマハです。何とか無事に採用試験もパスし、研修を受け、卒論を書き、卒業試験の曲を準備し、バレエの伴奏の勉強もする、といった日々を過ごしていました。そんな時に、声楽のレッスンで先生から「そうそう!伶ちゃんバレエの伴奏、勉強してるんだってー?バレエ科の教授から聞いたわよ!これ、受けてみたら??」と1枚のプリント。〝昭和音楽大学、バレエ伴奏研究員募集要項〝なんですって!いや、あれだけ弾けなかったのに研究員なんて!まずは小さなところでコツコツ下積みから!えー、うーん!いや、研究員ってみんな院卒だし、、。私、優秀という訳でもないし、と惹かれつつも、自信もなく。結局バレエの伴奏の師匠に相談する事に。「一年よく頑張ってたし、今ちょうど人も足りていないみたいだし、とりあえず受けてみたら?チャンスの神様はつるっぱげよ!(通り過ぎた後に、振り返って後から掴もうとしても禿げててツルツルだから掴めない=チャンスを逃すな、いつでもチャンスをつかめるように日ごろから準備をおこたるな、の意味)」の一言でよし!バレエのピアニストになったる!と決意。ヤマハを辞退し、試験の準備をする事になりました。バレエ科の教授は、有名なバレエ団のトップの方で、(私の大学は昔からそこのバレエ団と提携があったそうです。なんとダンサーでありながら、ピアノも弾けるのです。しかもとてもお上手!)その方を筆頭に、ピアノ科の教授、大学の事務長がずらっと並び、吐きそうになりながら、実技試験と面接。。。。もはや緊張しすぎて、ワルツを弾いたのは覚えていますが、何を聞かれたからサッパリ。けれども合格!頂きました!無事に就職??決定!大学付属のバレエ教室でも少しずつ弾かせて頂くことに^ ^と言うことで無事に社会人デビューです!採用試験にいらした教授が一年私達の面倒をみるとおっしゃって頂き、私は教授のクラスを担当する事に。それからと言うもの、昨日まで大学生だった私が先生と呼ばれる事の緊張と(当時私が職員の中で最年少の22歳だったので、 大学院の生徒の中には私より年上の方もいました。同級生は大学院生の子もいたいり。)ちゃんと弾けるだろうか(ピアニストは私だけなので、私が音を出せなければ授業が完全にストップしてしまうのです。)という心配で授業の前日には緊張のあまり胃が痛くなり眠れず笑渡される課題と、日々をこなす事に精一杯の日々でした。今考えると、経験豊富なベテランのピアニストに囲まれ指導を受けることもでき、バレエ団のトップの方のクラスを経験でき(ピアノのアドバイスも沢山頂きました。怒鳴られることもしばしば笑)、貴重な資料や、無料で使えるコピー機もあり(授業のプリント用、楽譜のコピー代は馬鹿にならないのです!)とても恵まれた環境で最初に修行出来たことは、今でも運が良かったな、と思います。当時はお世話になった先生方には今でも頭が上がりませんし、今の私にとって大きな財産になっているな、と感じています(*^_^*)ありがとう、先生!!そこからまた紆余曲折あり現在に至るのですが、無事に伴奏ピアニストとして仕事をスタートすることが出来ました。この先はまた機会があれば書こうかな、と思います(*^_^*)ふー!長かった!お付き合い頂きありがとうございます♪最後に最近はまっている海外ドラマFlesh&Bone(アメリカのバレエ団の話)のラストの舞台シーン。踊りが美しい!

♪レッスンの中身(コード編)

↑レッスンでお世話になっているコード本。絶版になってしまってショック。。。!こんにちは。古川です(^^)最近は、横浜市内の方からのお問い合わせを多く頂いています。休日の出かけ先で、以前の生徒さんにばったりお会いしたりと嬉しい出会いもあり♪さてさて、レッスンでは一体どんなことをしているのでしょうか。よくお問い合わせ頂く内容の一つです。ピアノのレッスンをしていることには間違いないのですが、、、。私は、最初のお問い合わせや体験レッスンや必ずやってみたい事や弾いてみたい曲や希望のレッスン頻度や練習時間、をお伺いして、そこからその方に必要な基礎練習のメニューやテキストを相談して決めています(*^_^*)有名なクラシック曲や楽譜のあるポップスを弾きたいのか、ボーカルの伴奏をしたり、コードを使ったり、弾き語りをしたいのかでやる事や覚える事が大分変わってきます。使用するテキストも、それがたとえ全く初めてピアノに触る方でも何種類もあるテキストの中から実際に見て頂いて、ご自分に合いそうなものを決めて頂いています。テキストにも人によって会う合わないがありますから(^^)長く楽しく続けるためにも、しっかりと納得した上で進めていきます。今日は少し一例をご紹介!①50代男性。バンドでギターを弾いていて、ライブの際にピアノで弾き語りをしたい!・ギターをやっているのでなんとなくコードはわかるけれど、しっかりは分からないし、それをピアノで弾くと訳がわからない。・コードをちゃんと覚えて、スラスラ弾けるようになりたい。・楽譜が読めない。。。(←ギターやっていた方で中々多いお悩みです。)とご相談頂きました。この場合だと、1、基礎練習でコードを覚える。レッスンにいらして、指鳴らしの準備運動でコードを覚えられる基礎練習をする事にしました。ご自分で練習用のコード表を楽譜に書いて作るので(もちろんレッスン中に説明しながら一緒に作っていきます。)、楽譜も読めるようになる一石二鳥!2、バッキングの練習両手でコードを弾きながら歌えるように、まずはコードの数が少ない曲からチャレンジ!(この方はキャロル・キングの「You've Got A Friend(君の友達)」がご希望だったのでその曲から。)綺麗にピアノが鳴るように音を組み立てながら弾いていきます。3、時間がある時は教本もコードをだけ弾くのであれば、指がそんなに動かなかったり、楽譜が読めなくても問題ないのですが、ピアノはやっぱり綺麗に弾きたいよね、という事でコツコツ教本で基本的なピアノの奏法もやってみることに。という感じでレッスンを進める事になりました♫雑談や音楽の話を交えながら、ゆっくりじっくりレッスンをしたいとの事でしたので、1時間レッスンで。(40分だと、2か3のどちらかだけの場合が多いです。)まずはゆっくりお話を伺って、ご希望にかなうようレッスンするように心がけています(*^_^*)教員試験のために一か月のみの集中レッスン方、久しぶりにピアノを再開された方、他のお教室に通いながら基礎をやり直したいといらっしゃる方、本当に様々な方にいらっしゃって頂いております。ご興味がある方はぜひ一度体験レッスンへ♪

私の歴史3 ~高校生から音大生へ~

さてさて、先日の続きです。思春期真っ只中、バレエにはまりつつ、ピアノを続け、何となく将来の進路を考え始める中学生時代。私の家系は"手に職"が多く、「自分にも何か生かせる特技はないものだろうか?」と考えました。バレエは大好きでしたが、鏡の前に並ぶだけで向き不向きが分かってしまいます。(海外のバレエ学校では入学時に祖父母の代まで遺伝子や体型を調べるそうです。)「うーん、バレエダンサーは無理だなぁ。」と挫折。(でも大好きでレッスンは続けていました。)「好きなピアノで食べていけたらいいなぁ。」いや、でも、と散々悩んだ挙句、音楽関係、ピアノの仕事に就くには音大!と大変短絡的な思考で結論を出し、両親には「という事で音大に行きたいのですが。」と報告。「え!?音大!?」と驚く両親。当然です(* *)何せ周りに音楽家は誰もいません。いるのはエンジニア、デザイナー、カメラマン、服飾関係、と音楽にはかすりもしておらず。当時のピアノの先生に相談し、先生の恩師の先生をご紹介して頂く事に。学校には「音楽関係や芸術関係の仕事に就きたいです。」「でも語学が好きだから留学とかもしたいです!」(映画にあこがれ海外に行ってみたい病)という事で「ピアノを続けたいので、音楽が盛んで語学に力を入れている学校に行きたいです。」と、提出。留学に力を入れている進学校、のびのびした校風の学校、県内の音楽高校、と散々検討し、「高校は音楽だけじゃなく、色々出来るところがいいなぁ。」と音楽は盛んだけれどのびのびとした学校に進学することにしました^ ^しかし、何を思ったのか吹奏楽部どころか運動部に3年間所属し、ロックバンドにはまりライブに行ったり、アルバイトをしてみたり、高校生活を謳歌。同時に大学時代の恩師にレッスンに通うようになり、同時にソルフェージュや楽典など音大進学に必要な勉強も始める事に。しかし、音大のための勉強を早い段階している子がいる一方、私はのびのび、のんびりきてしまった事が仇となり、何とか大学には合格できましたが、入学してからは「(*  *)!?!?」と「言葉の意味が分からない、、、(*  *)呪文、、、、」と分からない事だらけ、出来ないことだらけ。努力と経験の差は一長一短には埋まりません。新しい世界に入って勉強できる嬉しさと同時に、音楽高校から進学してきた子や小さいころからガッツリやってきた子、周りの子を見ては、驚きと落胆の連続。今も親友の当時の同級生に授業中にこっそり「ね、エチュードって何?」「スクリャービンて誰?」と聞いて「え、知らないの?!」と驚かれたり!(もちろんこっそり教えてくれました。)見かねて色々と教えてくださった良き恩師にに恵まれたり、今でも親友の同級生に出会えた事は今でも宝物です^ ^しかし当時はとにかく少しでも周りに追いつこうと、授業で意味が分からなかった言葉や用語を図書室でこっそり調べたり、自分なりに必死だったのを覚えています。私にとっては見るもの全てが新鮮で、もっと知りたい、もっと弾けるようになりたい、と今度は音楽の楽しさにドップリでした。友人たちと試験を乗り切ったり、毎週のレッスンに胃を痛くしたり、友人と夜な夜な音楽の話をしたり、演奏会に行ったり、今振り返ってもとても楽しい時間でした^ ^しかし、他の大学生と同じように3年生にも近づくと将来を考え、就職に悩む時期が来ました。さて、私はというと、、、。次回に続く!